初心者のための見取り算(足し算・引き算)まとめ6技①|どの計算の時にどの技を使うか

<スポンサーリンク>

足し算引き算(見取り算)について、ちょっと開発したプリントができたので、紹介したいと思います。題して、「見取り算のための6技!このプリントを一枚出しながらやれば、足し算引き算全部できるぜ!」自分で言うのもなんだけど、結構いい気がしてる。
感想を有り難くいただくのだが、その中で、「足し算と引き算のやり方がこんがらがります。」という意見を頂戴します。5玉を使う操作だったり繰り上げの操作だったりが、一つ一つ出されれば分かるが、バラバラにされると分からない。とまではいかないまでも、ごちゃっとなり、間違える。そういったご意見だ。きっと慣れていけば指が覚えてきて問題はないと思う。けど、指が覚える前にめんどくさくなって”脱そろばん”されては、もったいないと思う。そこで、操作の整理・まとめとして、”紙一枚!”にこだわって作ってみた。
(負・マイナスの計算はこのプリントに載せていません)

プリントの説明

足し算引き算を6つのやり方に分けました。6つのうちの2つは簡単なので(後程説明します)、実質、4つのやり方を使えるようになれば、足し算引き算の問題全てを解くことができます。
その6つのやりかたを記したプリントがこちら。

「見取り算のまとめ6つの技」のプリントのダウンロード
著作権フリーです!商用でも個人用でもOKです。欲を言うと、問い合わせメールで「もらいまーす☆」的簡単なメッセージを頂くとめっちゃ嬉しいです!

プリント上部の説明

プリントの上部は「どの計算の時にどの技を使うのか」を示しています。

技①②について

先ほど話したように、3+1や6+2、14-3や9-7のように簡単にできるものを技①②としています。

  • 簡単にできる

それ以外の簡単にできない計算が技③~⑥の4つになります。

技⑤⑥について

技③④よりさきに、技⑤⑥について

  • 簡単にできない
  • +5,+6,+7,+8,+9

この2つの条件を満たす時、問答無用で技⑤になります


引き算の時も同様に

  • 簡単にできない
  • -5,-6,-7,-8,-9

この2つの条件を満たしたとき、問答無用で技⑥になります

技③④⑤⑥について

+1~4、-1~4の時の計算(簡単にできない)は”問答無用”ではなく、5玉の条件によって技を使い分ける必要があります

プリントの「5玉が上がっている」とは


1~4のことで5玉が図2状態になります
図1の状態ではありません。

この時、足し算であれば技③を使い、引き算であれば技⑥を使います
例1として4+3をします


例2として23-4をします

プリントの「5玉が下がっている」とは

5~9のことで5玉が図3状態になります
図4の状態ではありません。

この時、足し算であれば技⑤を使い、引き算であれば技④を使います
例1として8+3をします

例2として7-4をします

技の発動の詳しい条件・技の使い方(次のページで)で触れていきます

次のページ【見取り算(足し算・引き算)まとめ6技②|各技の使い方】へ

<スポンサーリンク>
250sideber-mondai

自己紹介



2015.4 そろばん開始
2015.7 6級7級取得
2015.11 3級取得
2016.02 1級不合格
2016.11 2級不合格
2017.02 2級合格
2017.06 1級不合格
2017.10 1級不合格
2018.02 1級不合格
2018.06 1級不合格
2018.10 1級不合格
2019.02 全珠3級合格

私、白石と申します!
そろばん経験はありません。
そろばんを始めたのは34歳の2015年4月から
そんな私が日本一を目指しています
ライバルは小学生!
応援よろしくお願いします!


≫プロフィール詳細


メルマガ横長

ページ一覧