玉の表し方|そろばん使い方

<スポンサーリンク>

玉の表し方

0~4の表し方は下図のようになります。
1~4は、上に上がっている1玉の数で表します。

0 1 2 3 4
そろばん0_02 そろばん01 そろばん02 そろばん04_02 そろばん04_02

5~9の表し方は下図のようになります。
5~9は全部、5玉が下に下がっています。

5 6 7 8 9
そろばん_02 そろばん06_02 そろばん07_02 そろばん08_02 そろばん09_02

大きな数をおく

大きな数、3ケタであったり4ケタであったり5ケタであったり、を置く方法について説明します。
まず、定位点が基準(1の位)とします。
定位点は複数あります。
その複数の定位点の中から一つ選び数をおいていきます。
定位点

やりやすいように中央にある定位点にするとよいかと思います。

どの定位点を使うか決めたら、その点から左に行くたびに
十の位
百の位
千の位
と上がっていきます。
また、それより右側は小数となります
位

3,456を置いてみる
大きい数を置くときは、くらいの大きい方から玉を置いていきます。
つまり、3千からおいていって、最後に一の位の6を置きます。

  1. 千の位に”3”置きます
  2. 3千

  3. 百の位に”4”をおきます
  4. 4千

  5. 十の位に”5”を置きます
  6. 5百

  7. 一の位に”6”をおきます
  8. 6一の位

<スポンサーリンク>