そろばんの使い方の基本

<スポンサーリンク>

そろばんの使い方の基本

そろばんを基礎から始めたい方のために、そろばんの部分の名前や、姿勢や玉の動かし方など、基本から説明しています。

そろばんの名称

そろばん名称
そろばんの名称の説明をします。

banner01

そろばんをするときの姿勢

そろばんをするときに姿勢について説明しています。
banner02

計算の準備

計算を始める前に、そろばんを”0ゼロ”の状態にします。このことをご破算と言います。
そろばんの先生が、「願いましては~」といいますが、これは「ご破算で願いましては~」ということです。
先生が「0ゼロにして計算の準備をしてね♪」ということですね。

banner03

数の表し方

下図の表し方を1~9までと、大きな数の表し方を説明しています。
banner04

玉の動かし方数をおく

玉を動かすことを「おく」といいます。
玉を動かす時は親指と人差し指を使います。
人によっては、人差し指だけ1本を使う方法(一指法)で計算する人もいますが、人差し指と親指を使う(二指法)方が、計算も早くなるし、疲れにくいので、二指法で行うことを勧めます。

banner05

<スポンサーリンク>