全日本珠算連盟3級検定試験に挑戦

本日、受けてまいりました全日本珠算連盟3級。
ネットで問題集は購入してといていたものの、予備知識なしで受験。
始まる前、先生に「応用問題って、”個”とか”㎠”の単位ってかかないとバツですよね??」と聞いたところ、「応用問題は、しなくていいわよ」と言われた。

な、なんですと?

どうやら、応用問題と暗算のどちらかでいいらしく、「やっぱ そろばんやるなら応用問題より暗算っしょ!」ってなわけで、応用問題はパス。
どうせパスするなら、伝票算がよかったよ…

電話で先に聞いとくべきだった(アセ)と思い、「今からでも遅くない!」と合格基準もちゃんと聞いてみた。
「応用問題以外の全種目100点以上です。」
ほうほう、全種目…
もれなく。だそうだ。
3種目くらいで合格するんだろう。と勝手に思っていたが、誠に勝手であった。
ってことは、伝票算もか…

「伝票算はこれ使っていいですか?」と、これまたネットで買った伝票算用の問題集を見せた。

「あら、伝票算の問題集じゃないの。どこで買ったの?」ときかれ「ネットで買いました」というと「すごいわね、パソコンで何でも買えるのね」と感心しているもよう。で会話が終わる。

使っていいの?

これまた、自分の勘違い。ネットで買った問題集には(1頁~8頁)と書いてあったから、本番のテストも(21頁~28頁)のように書いてあるんだろう。と思っていたが、実際は、伝票算の問題はちゃんと用意してあった。

渡された伝票算問題をみて「おぉ、ちっちゃくてかわいい。」

さて、いざ本番

見取り算・かけ・割り算をまとめて30分図る日本珠算連盟の試験とは違い、一種目ずつ時間を区切られて実施という流れだった。
「1種目目で、9問しか解けなかったら不合格確定じゃん。そうなったら、あとの種目どのモチベーションでやればいいんやら。…恐ろしや。」と思っていたら「はじめ!」の掛け声。

見取り算、掛け算、割り算、いずれも順調。順調なんだけど、やっぱ緊張はあるよね。だんだんと手汗かいてしまいました。
で、暗算。
暗算は秘策があった。2ケタいっぺんにやるとバリバリ間違う。
だから、まず1の位だけ足していって、1の位を答えに書き込む。次に10の位を足していって、答えに追加で書き込む。このやり方に気付いたのは3日前。先ほど述べたように、3種目くらい100点取れば合格だろう、と、暗算捨てるつもりでおりました。今考えると根拠なく、これまた恐ろしい。結果、技編み出して、よかったよかった。
暗算と並び気になる伝票算。
「伝票算のコツは、右手より左手!」そろばんをはじくより、伝票ページをめくることに意識する。
自分流だが、練習の時はこの意識のほうがうまくいった。

種目:伝票算。いざっ!

「左手左手左手…」と練習通り。びっくりすることがあった。先ほど書いた手汗が、ばっちり滑り止めになってページがめくれるめくれる。
序盤の調子よさ限りなし。
ところが、だんだんとめくりがうまくいかない。手汗がどんどん紙に吸収されて、”手がサッパリした”という理由だけではない。
「くっ、なぜっ!」
自分は練習の時に、横から伝票問題集をめくっていた。練習用伝票問題集はざっと50ページくらいもあって、横から親指がいい感じに絡んでくれた(下図)。

しかし、本番に使用されている伝票用問題は薄かった。解けば解くほど薄くなる問題に、親指が横から入らない。
それに気付いて、上から紙を押し込むようにしてページをめくろうと試みる(下図)

が、しかし、さらさらしている親指の愛称悪し。

「ならばっ!」まだ新鮮な手汗が残ってる右手でめくることにした。めくっては、はじき。めくっては、はじき。

おおごとでしたが、楽しい受験でした♪


関連記事


250sideber-mondai

自己紹介



2015.4 そろばん開始
2015.7 6級7級取得
2015.11 3級取得
2016.02 1級不合格
2016.11 2級不合格
2017.02 2級合格
2017.06 1級不合格
2017.10 1級不合格
2018.02 1級不合格
2018.06 1級不合格
2018.10 1級不合格
2019.02 全珠3級合格

私、白石と申します!
そろばん経験はありません。
そろばんを始めたのは34歳の2015年4月から
そんな私が日本一を目指しています
ライバルは小学生!
応援よろしくお願いします!


≫プロフィール詳細


メルマガ横長