見取り算のタイムが、なんか楽にあがった。

朝一にしてはよくできた。

2級合格点に達成してから、朝一番に問題を解いて240点をとる練習をしている。
朝は、指、脳がかたい。
それでも240点いくなら、それは実力であり、潜在的にモノニシタということになる。

指は動かん、脳もシャッキリせん。
今日も相変わらず。
いつもと変えた点は、掛け算からやった。
「朝一、どうせミスをする。
ならば、点数配点の少ない掛け算からしよっ。」
当然、掛け算のタイムは悪い(いつも9分台が10分30秒)。間違いも4問。
案の定である。

次に見取り算に移った。
掛け算で少しは指がマシになっているかと思いきや、相変わらず指の動きは鈍い。
「しゃーない。さっき起きたばっかりだけんね」
そう思いながらやった。
ある程度の覚悟があったので、嘆きも不安も少ない。
「まぁ、マイペースで」
そんな気持ち。

指先を捨てた。
指先に集中はしなかった。
いつもよりゆっくり弾いていた。
するとどうだろう。
問題の数字が代わりによく見える。
「あれ?」

久しぶりに「止めない、流れる滑らかなそろばん」を意識した。

「どうせスピードが上がらんなら、せめて止めないようにしよう」
「見取り算10分フラットくらいにおさまればいいな…」
と思いながらやった。

見取り算のタイムウォッチをポチッと。

記録”9’18”

最初「ん?」と自分を疑った。
「問題1問飛ばしてない?」
「あれ?ちゃんと解いてるし」
腑に落ちないまま、割り算に移っていった。

採点して、見取り算90点。悪くない。むしろいい。
間違えた1問も”ー(マイナス)”の読み違え。
計算は合っていた。

「あら?」

タイム良し
点数良し
何より楽っ!
必死さなく楽に計算できた。

こりゃどーし。
スピード意識より、止めない意識のほうが速いのか?

たまたまかもしれないので、今後検証。


関連記事


250sideber-mondai

自己紹介



2015.4 そろばん開始
2015.7 6級7級取得
2015.11 3級取得
2016.02 1級不合格
2016.11 2級不合格
2017.02 2級合格
現在:2017年6月の1級試験の勉強中

私、白石と申します!
そろばん経験はありません。
そろばんを始めたのは34歳の2015年4月から
そんな私が日本一を目指しています
ライバルは小学生!
応援よろしくお願いします!

≫プロフィール詳細
メルマガ横長