読み上げ算というものを知る|そろばんやり方

読み上げ算というものを知る|そろばんやり方

読み上げ算というのをご存じであろうか。
そう、きっと当たり前のように皆さん知っている。

「ねがいましてぇは~」
「5えんなりぃ」
「9えんなりぃ」
「ではっ!」

と、そろばん教室では当たり前の光景だろう。

しかし、独学では当たり前ではない。
だれも読んでくれないのだから。

そもそも、検定試験に”読み上げ算”の問題はなく、とにかく、問題用紙を正確に素早く解いていけば、合格!
だと私は思っており、今までそうしてきた。
相変わらず、2級で腐りそうになりながら、なんとかかんとか、ちびりちびりと進んでいる私。

ちびりちびりに少し嫌気がさしてきてるのもあるのかな~
意味がないと思っている”読み上げ算”ということをしてみた。

まぁ、出会いはyoutubeなんだけど。。。

参考までに、出会った読み上げ算はこちら。
YouTube Preview Image

調べれば何でも出てくるね。

冗談半分でやってみた。
youtubeで再生して、聞きながらそろばんを弾く。

何とびっくり、答えがでない。
スピードに全くついていけない。

これは、驚いた。

そこで、ちょっと本気を出すことにした。

これまたびっくり、答えが出ない。
瞬殺。

なんか、5口というのは、5回数字が出るということのようだが、
2口で終了。

「おいおい、これでも、今、2級の問題者だぞ。そんなはずはない!」
と、ガチでやってみた。

撃沈。

まぁ、いきなりは解けないか…ちょっとレベルを落とすか。

と、同チャンネルの読上算5桁5口を再生して解いてみた。
(撃沈したのは読上算6桁5口。一桁減らしてやってみた)

結果は同じ。
2口で終了。
残り3口分はお経のように聞こえてくる。

さらにレベルを下げ、読上算4桁5口に挑戦。
独学のそろばんの恐ろしいところは、これすら解けないということを知った。

ちきしょう!

今、読上算3桁5口、がんばってます。

もう、レベル下げれんよ!
ここでふんばれ、おれっ!


関連記事


250sideber-mondai

自己紹介



2015.4 そろばん開始
2015.7 6級7級取得
2015.11 3級取得
2016.02 1級不合格
2016.11 2級不合格
2017.02 2級合格
2017.06 1級不合格
2017.10 1級不合格
2018.02 1級不合格
2018.06 1級結果待ち
現在:2018年6月の1級試験の勉強中

私、白石と申します!
そろばん経験はありません。
そろばんを始めたのは34歳の2015年4月から
そんな私が日本一を目指しています
ライバルは小学生!
応援よろしくお願いします!

≫プロフィール詳細
メルマガ横長