新たな練習法|見取り算のスピードを上げる

新たな練習法|見取り算のスピードを上げる

現在、一級頑張り中。
相変わらずタイムが縮まらないので、やり方をまた新たに作ってみた。
今まで、15問で7分の見取り算を、7分でできるところまでやって、その時間内で解ける問題が増えていく→うれしい。
という手順でやっている。
しかし、なかなか12問から問題数が増えない。
あと少しのようで、意外に15問までの道のりは長い。

そこで新しいやり方。
一問を28秒で答えまで出すという方法

ゲーム説明

  1. タイマーを準備する
  2. インターバルを図れるスマホアプリをインストールするか、もしくは、28秒図れるタイマーを準備する

  3. 一問をとく
  4. 1問における制限時間は28秒です。

  5. 時間内に答えまで書けたら次の問題に行く
  6. 時間内にとけるまで、永遠に同じ問題を解き続ける

これは、受験の時の英語単語の暗記や、社会の時にやっていた勉強で、完ぺきを目指していた私は、一問でも間違えたら、最初のページからやり直すという方法の応用です。

制限時間内に解けなかったら、同じ問題を解くので、数字を覚えていきますが、結果スピードが速くなっています。

なんでもやってみないと、壁は乗り越えられないと思いますので、この方法で頑張ってみます!

カテゴリー: 1級への挑戦, 自分なりのコツ. Bookmark the permalink.