そろばん検定2級 受験してきました

そろばん検定二級、試験本番を終了。

20161023_104804079
おつかれ、俺!
そして、終わったときの感想。
まさかの間に合ってない。
まさかのまさかです。
調子に乗ってたのかな??
半年ほど前から二級は合格ラインにいて、点数を取りこぼしたこともなかったのに、今日、終わってみれば、7門空白。
全てあっていても265点。
絶対に全問正解じゃない。これは自信ある。
少なく見てもマイナス20はある。どう考えても不合格。
やっちまった。

悔しいのと落胆とで、ペンがすすまん。

よし、ちと整理しよ。
まずは、今回の二級は不合格。
がーん。

何が悪かったのか。
練習はとにかく完璧。
「いつもどおりにっ!」が出来なかった。

手が、指が震える。
想定ないで、すぐに収まると思ってた。
が、おさまらず。
あー、試験中の俺を思い出してきた。
がっぱっす。
緊張がとけずに、震え続けてしまったね。

割り算から解いたのが間違いだったのか…
今回の試験の作戦として、

緊張して、指が震えることが予想され、スピードが最初落ちる。
ならば、どうせ時間のかかる割り算からやって、指を慣らす。
しかも、割り算の多くは、割り切れるので、正解した感があり、それで落ち着き始めるだろう

を実施してみた。
あれ?書いてて、この作戦いいんじゃない?
けど、結果、割り算に12分以上かかった。それが、さらにテンパりを増幅させた。
震える指が落ち着いたのは、ラスト5分くらい。
掛け算やってて
「もう、間に合わねぇ。だめだこりゃ。」と諦めたころ。
いや~、その後の5分は絶好調!
スラスラリン♪
なぜ、それが早く来なかったか…。
は~。がっぱりする。
書きながらため息のでる俺。

恒例のおばちゃんたちとの会話

会場を出る前に何名かのおばちゃん(会場を運営する試験官の方々)に話しかけられる。
「どうだった!?」と聞かれるわけですよ。
「ダメだったっす」といい、また次のおばちゃんに会うと聞かれるわけです。「どうでした!?」と。
出口に出るまでに、3,4名のおばちゃんに聞かれ「ダメだったっす」と言い続ける俺。
顔を手で隠して、「きゃ~」って裏口から帰りたかったね。
それでも、「次がんばりましょうね!」的言葉もいただいて。
へこんでるから、ちょっとした一言でも嬉しかったかな。

就職試験とか、大学受験とかの合否ほど人生に左右されない試験なのに、ここまで感情がゆらされ、悔しさとか、凹みとか味わえて、36歳になって「ふわ~」って日々を送る中、贅沢な感じもします。

と、強引にプラス思考で終わる俺。


関連記事


250sideber-mondai

自己紹介



2015.4 そろばん開始
2015.7 6級7級取得
2015.11 3級取得
2016.02 1級不合格
2016.11 2級不合格
2017.02 2級合格
2017.06 1級不合格
2017.10 1級不合格
2018.02 1級不合格
2018.06 1級不合格
2018.10 1級不合格
2019.02 全珠3級合格

私、白石と申します!
そろばん経験はありません。
そろばんを始めたのは34歳の2015年4月から
そんな私が日本一を目指しています
ライバルは小学生!
応援よろしくお願いします!


≫プロフィール詳細


メルマガ横長