あきらめない1級!というかっこいい言葉

あきらめない!というと聞こえがいい。
どちらかというと、もがく
そっちのほうが今の自分にぴったりの言葉。

ようやくショックも薄らいできた。

前回のやる気が落ちててしまった理由が二つあって、

  • 一つが、動画を見てショック。
  • 一つが、記録が伸びない焦りから。

一つ目の動画を見てショックは、意外に早く解決というか、落ち着いた。
それは、励ましのメールである。「少女は少女、あなたはあなた。」という文面のメールをいただいた。
「私から言わせれば、1年で1級も神ですよ」ともいただいた。
冗談でも、なんか気が楽になった。

もう一つの記録が伸びない焦りからのやる気の低下。
試験まで24日である。現在、200点も言っていない。240点なる要素(全問正解でも足りていない回答数)も満たしていない。
その期間が長い。

「こ~りゃむりだ~!」
と、あきらめたら ふっと楽になった。
あきらめるって、本当は心の奥底では、きっと俺、あきらめていない。
だから、今日もそろばんがんばるのだけれども
なんかな、合格しよう!という焦りが、今のそろばんをつまらなくしている気がする。

今まで、ゴールから逆算して計画を立ててきた。
予定では、今全問解答している状況で、あとは、ミスをなくしていく作業に移っている予定だった。
間に合っていない自分と、それを取り戻そうとしている自分。
一生懸命やってはいるが、できない自分への悲しみと悩み。
も~ど~でもいいやっ!

開き直ったのかな?

やることは、やる。

でも、きっと間に合わない。

せっせと工夫をしながら試験までがんばる。

でも、きっと合格点は行かない。

奇跡が起きたら?

起きない。
そもそも、1か月やった自分の伸びはたいしたことなく、それが残り20日で1.5倍になることはない。
1か月の成長という経験がそれを立証している。
やな立証だけど、しゃーない!

あきらめる?

う~ん、あきらめないってことは、なんか、ま~た自分に変な期待を持ってしまって、そろばんがつらくなるのよね~。
今の自分にとって、期待から、そろばん修行するのは面白くないや。

それより、なんか、もがきたい。あがきたい
”もがく”や”あがき”には期待のニュアンスがない表現に感じる。
その心持の方が楽しくそろばん修行ができるし、できている。

そう思うようになって、モチベーションも上がってきている。
変なやる気の上がり方になってしまったけど、素直な自分。

無駄にがんばるぞっ!(笑)


関連記事


250sideber-mondai

自己紹介



2015.4 そろばん開始
2015.7 6級7級取得
2015.11 3級取得
2016.02 1級不合格
2016.11 2級不合格
2017.02 2級合格
2017.06 1級不合格
2017.10 1級不合格
2018.02 1級不合格
2018.06 1級不合格
2018.10 1級不合格

私、白石と申します!
そろばん経験はありません。
そろばんを始めたのは34歳の2015年4月から
そんな私が日本一を目指しています
ライバルは小学生!
応援よろしくお願いします!


≫プロフィール詳細


メルマガ横長