2018年2月の1級試験(複数回目)

本日、そろばん検定試験。
天気は最高。青空が多くの受験生を迎えています。
白石選手にとっても、いいかげんに合格したい1級のチャレンジが始まりました。

さぁ、本番。どういった試合になるか、注目となっています。

よーい始め!

すこし遅れた!リラックスを心がけすぎたか、それとも緊張しているのか!
おっと、問題を開いたことによる風の影響でしょうか、右においていた受験票がふわりと動いた!
気になった白石選手、受験票を慌てて左に移動した。
たかが受験票なのに、ちょっとした揺れが気になったのか!
ナーバスです、かなりナーバスな立ち上がり。
ということは・・・
やはり、やはりそうです!
見取り算一問めから震えている!
やばい、やばいです白石選手。
前回と同じ状況。早く立ち直れるのか!?
いや、震えていたのは一問目だけ、持ち直したか!
しかし、2問目からの指の切れがない。
気持ちをもとに戻そうと、そっちに気がいっている!
そろばんに集中でいていない。
これは遅いぞ!あぁ、4問目でファンブル!答えを記入している途中にそろばんを動かし答えが444、444、444とバグっている!これは解き直し、解き直しです!

やっと見取り算10問が終わりました。速報タイムは11分03秒!普通は8分台にのせてくるところ、大幅なロスです!
しかし、諦めていません白石選手!どうやら、割り算の20問のベストタイムが10分18秒を昨日だしたようで、どうにかなると思っているようです!
その実力を本番で出せるのか!

おっと、ここでタイムアップ!30分の戦いに終止符が打たれました!
会場の多く子供、できない子、できた子、様々な表情だ
白石選手の表情は・・・
苦笑いです!問題用紙はどうなっている??
だめだ!なんと、最後4問が空白!だめだー!

え〰放送席放送席、インタビューです。
「いかがでしたか、白石選手」
そうですねー、やっぱ緊張しましたね
「前回も緊張してたようですが、今回も同じことをやってしまった。前回の反省が生きてないようなきがしますが・・・」
そうですね。出直してきます
「試験後、なじみのおばちゃんにどうだったと聞かれて、「本番違いますね、やっぱり。家だと絶対合格なんですが・・・」などと言っていましたが、俺は本当はできるんだぜ。アピールがはなはだしかったように思えますが、そのあたりいかがでしょう?」
1級を何度も落ちてる恥から出た言葉だと思います。
俺、本当はできるんだぜ、アピールを指導者にしたこと、思い返すと、そっちの方が恥ずかしかった!

「最後に、率直な今の感想をどうぞ」
めっちゃムカついてます。さっきまで、悔しい。だったんですけど、今はボケーっ!って感じです。
落ち着いたら、今後の対策とか冷静に考えていきたいと思います。

以上、現場からのインタビューでした

カテゴリー: 検定試験. Bookmark the permalink.