1級の勉強 同じ問題とインターバル

検定試験まで、あと2週間を切った。
205点を一回だしただけで、あとは、・・・(てんてんてん)

「おぉ、まっじで、ダメか、これは!」

たぶんダメと思って勉強するのは、何をモチベーションにつなげればいいのか分からなくなり、ちょっと腐る。

それでも、修行できているのは、

  • 奇跡が起こるかも!
  • 落ちても、次につながれば!
  • 引くに引けない(笑)

それと、

  • 時々いただける問い合わせからの応援メール。

当初、「問い合わせメールはコミュニケーション、だれかと繋がったらいいな。」
くらいで気楽な気持ちで設置したものだったけど、
おべっかでもなくて、本当に、応援メールから、がんばろっ!って思えるし、頑張り続けれている一つの理由になってます。
感謝!

で、なんだっけ
そうそう、勉強方法についてのやり方!
今日やったのは

  1. 第1回の練習問題を5枚印刷する
  2. 一枚目は見取り、掛け、割り、すべて答えを書きうつす
  3. インターバルで49秒にセットし一問ずつ49秒以内に解く。49秒に間に合わなければ繰り返し同じ問題
  4. 答えはすでに書いてあるので、それでチェック。答えがあっていたら次の問題
  5. 見取りが終わって、割り算。割り算は23秒のインターバル。見取り算同様、間に合わないときと、間違いはやり直し。
  6. 掛け算が終わったら、割り算。インターバルは45秒見取り算同様、間に合わないときと、間違いはやり直し。
  7. 次に、また見取り算から49秒にセットして49秒以内。
  8. 見取り算、掛け算、割り算をそれぞれのインターバル時間に間に合わせ、間違えないように一発で解けるようにしてやる。
  9. 納得いくくらい一発で解けるようになれれば、同プリントを実際に鉛筆をもって解く一発で解けなければ、また明日
  10. 同プリントが240点いかなければ、最初からやり直し

予定では、見取り、掛け算が、10分を切れる予定。
当然、同じ問題なので点数もよいはず。

「同じ問題、意味あるの?」
というご意見ごもっとも

今の自分プランは

とにかく、どんな手段でもいいので30分で240点を超える。
それで、自信をまずつける

1回目の練習問題がうまくいけば、次の2回目の練習問題、3回目、4回目

これでどうだ!

今日は、プリントを鉛筆もって解くまでいけませんでした。
明日こそは!


関連記事


250sideber-mondai

自己紹介



2015.4 そろばん開始
2015.7 6級7級取得
2015.11 3級取得
2016.02 1級不合格
2016.11 2級不合格
2017.02 2級合格
2017.06 1級不合格
2017.10 1級不合格
2018.02 1級不合格
2018.06 1級結果待ち
現在:2018年6月の1級試験の勉強中

私、白石と申します!
そろばん経験はありません。
そろばんを始めたのは34歳の2015年4月から
そんな私が日本一を目指しています
ライバルは小学生!
応援よろしくお願いします!

≫プロフィール詳細
メルマガ横長