1級勉強のやり方 スピードは捨てて、正確さ重視。からの失敗

すべての問題を解くスピードを重要視してきた。
やっぱり、間違えたらもったいない。

そう思ったのは、スピード重視で見取りを10問といて結果60点のときがはり、はたまた、スピードを捨てて、見取り9問でも80点とるときがあるから。

「よしっ!全問は解けなくても、正答率を上げて、何とかいい点数をっ!」

スピードはほどほどにして、丁寧にっ!

それを意識して30分で点数をだした。

すると、驚くべき点数となった。

変わってない。
正答率が上がっていない。普通に、間違えて、9問70点。

「あれ?9問で90点取るつもり。悪くても80だろ!」
と思っていたけど、あれ?

なんどか試してみたが画期的に正答率はあがらなかった。

ゆっくりに気を付けると、なんか飽きてきて集中力がかけ、
丁寧に行き過ぎると、指が硬くなって、9問どころか、7問くらいしか解けなくなってしまう。

なんだかな~!

カテゴリー: 1級への挑戦, 自分なりのコツ. Bookmark the permalink.