1級勉強のやり方 10分区切りで集中キープ

1級をタイムを計ってやっている自分。

30分をまず図る。
30分の中で、見取り算が終わったら、その時にどれだけ時間がかかったかを記録し、
掛け算が終わったら、その時にまた記録し、
割り算をすべて解く時間はなく、割り算は30分の途中で終了。

という方法。

なんか飽きてきた。
タイムが縮まないから面白くもない。

そこで、時間の測り方をちょっとかえてみた。
見取り算、掛け算、割り算を書く10分で区切り、それで点数を出すという方法だ。
30分ですべてを解くには、それぞれが10分切れるのが理想。
その理想に近づけようという狙いもある。

やってみた。

なかなか面白い。面白いと、集中力も上がる。
結果、点数が上がったわけではないけど、楽しくやれたのが何よりの成果かな。

カテゴリー: 1級への挑戦, 自分なりのコツ. Bookmark the permalink.