繰り下がりの引き算|見取り算⑥

<スポンサーリンク>

繰り下がりの引き算|見取り算⑥

5を作る引き算で、一の位の計算はできるようになります。
次のステップとして、繰り下がりのある引き算を習得します。
例えば、13-8のように、一の位だけでは引けない時に、繰り下がりを行います。

いよいよ、見取り算もクライマックス!
掛け算、割り算も基本は足し引きです。
ばっちりマスターして、目指せ、日本一!

繰り下がりを行う引き算は
10を引いて、10-☆を頭で計算し、その頭で計算した数を一の位に足す
というのが基本的考えになります。

具体的にいくつかの引き算を例にとって説明していきます。
YouTube Preview Image

13-8の計算

13をおきます
繰り下がり引き算_1
8を引きます
8を引こうにも、一の位に入っている3から8は引けません。
そこで繰り下げを行います。
まず、10を引きます
繰り下がり引き算_2
次に、頭の中で10-8をします。
2です。
その2を一の位に足します
(ここの計算は5珠を使う足し算にて説明していますので、分からない場合は、こちらをご覧ください)
繰り下がり引き算_3

答えはになります

37-19の計算

2ケタ以上の計算は位の大きい方から計算を行っていきます。
この37-19では、位の大きい、10の位から計算を行っていきます。

37をおきます
繰り下がり引き算_4
19の1を十の位から引きます
繰り下がり引き算_5
次に、19の一の位である9を引きます。
9を引こうにも、一玉には7しか入っておらず、引けません。
そこで繰り下げを行います。
10を引き(①)、頭の中で10-9をした答え1を一の位に足します
繰り下がり引き算_6

答えは18になります

個人的な繰り下がりの引き算のコツ

見取り算で、定番の暗記でございます。
「あっ、この引き算は、繰り下がるな!」と気づいたら

-1の時は、10を引いて9を足す
-2の時は、10を引いて8を足す
-3の時は、10を引いて7を足す
-4の時は、10を引いて6を足す
-5の時は、10を引いて5を足す
-6の時は、10を引いて4を足す
-7の時は、10を引いて3を足す
-8の時は、10を引いて2を足す
-9の時は、10を引いて1を足す

という暗記です。

これが速いのではないかと思います。

あくまで私の考えで、ちゃんとしたそろばんの先生から怒られるかもですが、独学なのであしからず…

<スポンサーリンク>