負マイナスの計算のやり方|そろばん

<スポンサーリンク>

そろばん負マイナスのやり方

そろばん2級に入り、マイナスの計算が含まれるようになります。
そのやり方について説明します

負マイナスの計算の基礎

258-400
これを計算すると、答えは”-142”となります

まず、そろばんに258をおきます
そろばん-負の計算_04
-400ができませんね。
そこで、一つ大きい数の位(千の位)に1をおきます(借ります)。
いま、1,258になりました
そろばん-負の計算_07
次に1,258-400を計算します

答えは、下図の黄色(補数)を読み取れば答えとなります
答えを読み取る際、一番最後の数が置かれている桁に1を加えて答えにしてください(赤色)。
そろばん-負の計算_02

計算後、一の位が0になる場合

3280-5240
3280-5240を計算します。
答えは”-1960”となります

先ほどと同様、そろばんに3280をおきます
そろばん-負の計算_23
-5240ができませんね
そこで、ひとつ大きい数の位(万の位)に1をおきます(借ります)
いま、13,280になりました
そろばん-負の計算_20
次に13,280-5240を計算します。
答えは、下図の黄色を読み取れば答えとなります
答えを読み取る際、一番最後の数が置かれている桁に1を加えて答えにしてください(赤色)。
ここでは、一番最後の数が置かれている桁は十の位の5です。これに1を加えて6にし、答えとなります。
1の位は、そのまま0にします。
(一の位の補数9に1を足して繰上りで計算する方法もありますが、面倒ですので、1の位はそのまま0にします)
そろばん-負の計算_18

計算後、一の位も十の位も0になる場合

3266-5466を計算します。
答えは”-2200”となります

先ほどと同様、そろばんに3266をおきます
そろばん-負の計算_34
-5466ができませんね
そこで、ひとつ大きい数の位(万の位)に1をおきます(借ります)
いま、13,266になりました
そろばん-負の計算_32
次に13,266-5466を計算します。

答えは、下図の黄色を読み取れば答えとなります
答えを読み取る際、一番最後の数が置かれている桁に1を加えて答えにしてください(赤色)。
ここでは、一番最後の数が置かれている桁は百の位で補数は1です。これに1を加えて2にし、答えとなります。
1の位、10の位は、そのまま0にします。
(一の位の補数9に1を足して繰上りで計算する方法もありますが、面倒ですので、1の位はそのまま0にします)
そろばん-負の計算_30

見取り算での使用(実践)答えが負になる

見取り算を実際にやってみましょう

No 計算 そろばん面
1) 3216 3216
2) 1681 4897
3) 260 5157
4) -8665 6492 万の位に1を立て(借りて)計算
5) 405 (※1)6897

そろばん-負の計算_02
図※1
答え-3103

一度マイナス負になったが、またプラスに戻る計算

No 計算 そろばん面
1) 8265 8265
2) 312 8577
3) -9681 8896 万の位に1を立て(借りて)計算
4) 104 9000
5) 6229 (※2)15229 万の位に借りていた1を返す(引く)

そろばん-負の計算_16
図※2
万の位に借りていた1を返すした(引いた)そろばん面が答えとなる
答え5229

<スポンサーリンク>