小数の掛け算の簡単なやり方(整数だけにも使えます)

<スポンサーリンク>

小数の掛け算の簡単なやり方(整数だけにも使えます)

※3級をこれから始める方用の簡単な方法です。このページでは小数点をどこにおけばいいのかについて説明しています。
掛け算の方法は別ページをご覧ください。

3級に入り、小数の掛け算が出てきた。
「どぎゃんやって解けばよかっかい!?」

頭を悩ませ、いろいろ調べた。

両落とし、片落としなど、色々な方法を具体的に知った。
掛け算一つにしてもいろいろなやり方がある。
(詳細は別ページにて説明しています。)

その中で、自分なりに磨き上げた方法を作った。
本やネットを調べた。
桁を足して…?右?左?
それ通りやると、答えは出るものの、複雑でよくわからん。

自分はできるだけシンプルがいいと思っている。
そして、忘れにくく、分かりやすい方法。
それを紹介します。

小数の掛け算のやり方

  • 人差し指を使います
  • 計算方法は両落としをベースにしています
  • 答えは、定位点がそのまま小数の位置になります
  • 人差し指は計算を始める位置になります(答えの小数の位置ではありません)

A(かけられる数)×B(かける数)という問題で、
A(かけられる数)もB(かける数)も整数であろうが、小数であろうが構いません。
まず、A(かけられる数)の最も大きい位のところに人差し指をおきます。
小数掛け算_01
※クリックすると拡大されます

次に×B(かける数)を考えます。
考えるというか、×Bの位に応じて、右左へ人差し指を移動させるだけです。

覚えるのは、×0.52 や ×0.13のように、小数第1位をかける時が、人差し指は移動しない。これから覚えてください。
私は基準と呼ぶことにしました。
×0.52 や ×0.13 など ×0.ホニャホにゃ。
これが基準。
小数掛け算_04
※クリックすると拡大されます

私的意見ですが、本やネットでの説明が、[×321は3ケタだから左へ… ×0.03は、何とかだから右へ…]という説明の仕方で、基準が決まっていないことが、混乱させられてしまう原因かな…と思いました。

小数掛け算_08_08
※クリックすると拡大されます

自分なりの満足点としては

  • 整数だけの掛け算でも、小数を含んだ掛け算でも、小数だけの掛け算でも共通して、この方法だけで解けるところ
  • ベースが両落としなので、スピードが落ちない所

これがいい点だと思います。

<スポンサーリンク>