割り算(変動法)でのスタート位置と答えの見方

<スポンサーリンク>

割り算(変動法)でのスタート位置と答えの見方

割り算の計算を始める前に、スタート位置と、答えの見方の説明をします。

割り算のやり方もたくさんありますが、個人的におすすめなやり方が変動法です。
変動法とは、私が勝手に作った言葉です。
答えの一の位がいつも変動することから、この呼び方を付けました。
この変動法でのいいところは、小数でも同様の方法で計算が導けることです。
わざわざ小数だからとやり方を変える必要がありません。
定位法のやり方は別のページの記載しますので興味のある方はそちらをご覧ください。

  1. そろばんに割られる数を置きます。
  2. 割る数の桁に左手人差し指を置きます
  3. 置いた左手人差し指を左に2つ移動させます
  4. そのまま左手人差し指は答えを書くまで動かしません

  5. 計算が終わったら、答えを読み取ります
  6. 左手人差し指が一の位です。それを読み取り答えとします。

369÷3のスタート位置と答えの見方練習

369÷3=123を例にとって、スタート位置と答えの見方を説明します。
(計算方法は別ページ参照)

  1. そろばんに割られる数を置きます
  2. そろばんに割られる数である369を置きます
    足し算① 1

  3. 割る数の桁に左手人差し指を置きます
  4. 割る数は3つまり1ケタです
    ここに左手人差し指を置きます。
    ※すでに置いた割られる数に関係はありません
    足し算① 2

  5. 置いた左手人差し指を左に2つ移動させます
  6. 足し算① 3
    この状態で計算を始めます
    そのまま左手人差し指は答えを書くまで動かしません

  7. 計算が終わったら、答えを読み取ります
  8. 計算を行うと、下図のようになります(計算方法は別ページにて)
    足し算① 4
    左手人差し指が一の位です。それを読み取り答えとします。
    答えが123となります

60,984÷24のスタート位置と答えの見方練習

60,984÷24=2,541を例にとって、スタート位置と答えの見方を説明します。
(計算方法は別ページ参照)

  1. そろばんに割られる数を置きます
  2. そろばんに割られる数である60,984を置きます
    足し算① 5

  3. 割る数の桁に左手人差し指を置きます
  4. 割る数は24つまり2ケタです
    ここに左手人差し指を置きます。
    足し算① 6

  5. 置いた左手人差し指を左に2つ移動させます
  6. 足し算① 7
    この状態で計算を始めます
    そのまま左手人差し指は答えを書くまで動かしません

  7. 計算が終わったら 、答えを読み取ります
  8. 計算を行うと、下図のようになります(計算方法は別ページにて)
    足し算① 8
    左手人差し指が一の位です。それを読み取り答えとします。
    答えが2,541となります

0.25÷5のスタート位置と答えの見方練習

この変動法でのいいところは、小数でも同様の方法で計算が導けることです。
わざわざ小数だからとやり方を変える必要がありません。

0.25÷5=0.05を例にとって、スタート位置と答えの見方を説明します。
(計算方法は別ページ参照)

  1. そろばんに割られる数を置きます
  2. そろばんに割られる数である0.25を 置きます
    足し算① 9

  3. 割る数の桁に左手人差し指を置きます
  4. 割る数は5つまり1ケタです
    ここに左手人差し指を置きます。
    足し算① 10

  5. 置いた左手人差し指を左に2つ移動させます
  6. 足し算① 11
    この状態で計算を始めます
    そのまま左手人差し指は答えを書くまで動かしません

  7. 計算が終わったら、答えを読み取ります
  8. 計算を行うと、下図のようになります(計算方法は別ページにて)
    足し算① 12
    左手人差し指が一の位です。それを読み取り答えとします。
    答えが0.05となります

0.042÷0.0007のスタート位置と答えの見方練習

0.042÷0.0007=60を例にとって、スタート位置と答えの見方を説明します。
(計算方法は別ページ参照)

  1. そろばんに割られる数を置きます
  2. そろばんに割られる数である0.042を置きます
    足し算① 13

  3. 割る数の桁に左手人差し指を置きます
  4. 割る数は0.0007つまり小数第4位です
    ここに左手人差し指を置きます。
    足し算① 14

  5. 置いた左手人差し指を左に2つ移動させます
  6. 足し算① 15
    この状態で計算を始めます
    そのまま左手人差し指は答えを書くまで動かしません

  7. 計算が終わったら、答えを読み取ります
  8. 計算を行うと、下図のようになります(計算方法は別ページにて)
    足し算① 16
    左手人差し指が一の位です。それを読み取り答えとします。
    答えが60となります

<スポンサーリンク>